結婚内祝いの相場や送るタイミングを確認しておこう

Celebration

結婚内祝いの基本を知る!大人としてのマナーを把握

結婚内祝いの相場や送るタイミングを確認しておこう

婦人

結婚内祝いを贈る相手とは?

結婚内祝いとは、結婚した時にご祝儀やお祝いを贈って頂いた方にお返しをすることです。頂いたものが現金の場合もあれば、品物の場合もあるでしょう。贈って頂いたことに対するお礼を意味します。また人数制限で呼べなかった方にするのが一般的です。贈る場合は必ずお礼状も添えます。また出席した方の中でも、沢山のご祝儀を頂いた場合は引きで物と別に結婚内祝いを贈るようにします。これは想定した金額よりかなり多い金額を頂いた場合、感謝の気持ちを示すためにお贈りするものです。

結婚内祝いを送る際の注意点

結婚祝いを贈ってくれた方は結婚を祝福してくれています。その心遣いに感謝して、感謝の気持ちを表すものが結婚内祝いです。お返しする相場は頂いた金額の半額(半返し)か3分の1が相場と言われています。頂いたものが現金や商品券といった金額がわかるものばかりではありませんが、ある程度調べるとわかります。また結婚内祝いを贈る場合は結婚式が終わってから1カ月以内に贈ります。予め頂いたものをリストアップしておくと便利です。また内のしをかけて外からしっかり包装してもらうのが礼儀です。

引き出物と結婚内祝いの違いとは?

本来は宴席で配られるお土産が引き出物

本来引き出物は結婚式や披露宴だけに使われる言葉ではなく、宴席で配られるお土産のことを言いました。しかし徐々に意味が変わり、現在では披露宴のゲストにお配りするお礼の品として定着しました。

結婚内祝いは頂いた本人がお返しするもの

結婚内祝いは、頂いた本人が本来は返すものです。本来はのしに記入する名前は新婦だけ、新郎だけのこともあります。引き出物は両家の名前を名入れするのとは違います。ご両親の知人から頂いた場合は、両親から贈ることもあります。

忘れてはいけない!お礼状の出し方のポイント

結婚内祝いを贈る時には、お礼状を別便で贈るか品物と一緒にお礼状を添えるのがマナーです。目上の方にお礼状を送付する場合は、厚手の上質紙で白便箋を使います。季節柄のある便箋やウエディング関連の柄でも派手でなければかまいません。

広告募集中